コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

奇祭「強飯式」 日光市・輪王寺三仏堂(産経新聞)

 「75杯、一粒残さずちょうだいしろ」。山伏姿の僧侶が山盛り飯を食べるよう責める奇祭「強飯式」が2日、栃木県日光市の輪王寺三仏堂で開かれた。

 健康や商売繁盛を願う日光の春の恒例行事。一般公募で選ばれた強飯頂戴人と呼ばれる6人の前には、約5キロのご飯を盛った巨大なおわん。

 強飯式は別名「日光責め」と呼ばれ、山伏が修行場から供え物を持ち帰り、民衆に分け与えたのが起源とされる。

点検担当者2人を不起訴に=13人負傷コースター事故-福岡地検支部(時事通信)
2月訪日外国人数6割増 アイリス効果で秋田に続々(産経新聞)
宅八郎氏を起訴猶予 脅迫容疑で書類送検(産経新聞)
東大寺・筒井長老の本山葬、営まれる(産経新聞)
長官銃撃事件前後の詳細判明 「敵の仇は敵にやらせる」(産経新聞)
コンテントヘッダー

国交省職員、わいせつ行為 兵庫県警、容疑で逮捕(産経新聞)

 18歳未満の少女と知りながらわいせつな行為をしたとして、兵庫県警神戸西署は31日、青少年愛護条例違反容疑で、国土交通省中国地方整備局山口河川国土事務所係長、高松英典容疑者(32)=山口県周南市上村=を逮捕した。同署によると、容疑を一部否認しているという。

 逮捕容疑は昨年12月25日午後2時10分ごろ、兵庫県三木市大村の駐車場に止めていた車内で、出会い系サイトで知り合った神戸市西区内の中学2年の女子生徒(13)にわいせつな行為をしたとしている。

「サプリ」「健康食品」 子どもの1割が使用している(J-CASTニュース)
<服飾>「日本ファッション・ウィーク」閉幕…東京(毎日新聞)
千葉法相、女性問題の中井氏に苦言(産経新聞)
母を追起訴=脳障害で5歳児死亡-神戸地検(時事通信)
嫡出子認定、判断先送り=性別変更者の人工授精-千葉法相(時事通信)
コンテントヘッダー

<天皇、皇后両陛下>長岡宮跡を視察(毎日新聞)

 天皇、皇后両陛下は27日、京都府向日市の長岡宮大極殿(だいごくでん)・小安殿(しょうあんでん)跡を視察した。

 桓武天皇の時代に都だった「長岡京」(784~794年)の中心遺跡で、両陛下は天皇が政治をつかさどった大極殿跡と、御休所だった小安殿跡について同市教委の職員から説明を受けた。

 その後、同市文化資料館を訪れ、長岡京の100分の1の復元模型、当時の役人の仕事ぶりや衣服などを復元した展示物を熱心に見学。天皇陛下は「今のようなすずりを使っていたのですか」「(食事の時は)いすを使っていたのですか」などと質問していた。

<障害者自立支援法訴訟>国と初の和解…さいたま地裁(毎日新聞)
留め具が屋内用、劣化し通信線垂れる…JR停電(読売新聞)
火災 興人工場の倉庫から黒煙と炎 熊本県八代市(毎日新聞)
徳之島移設などに反対=地元知事・町長ら(時事通信)
校長室で性的関係…江戸川の区立小前校長を処分へ(読売新聞)
コンテントヘッダー

皇太子ご一家、静養で長野に(時事通信)

 皇太子ご一家は24日、静養のため新幹線で長野県入りされた。同県北部に1週間程度滞在し、スキーを楽しむ予定。 

【関連ニュース】
【特集】バンクーバー冬季五輪
「最後まで雪を楽しんで」=佐賀〔地域〕
眞子さまと佳子さま卒業式
不明男性の死亡を確認=蔵王の雪崩
スキー場で雪崩、1人巻き込まれる=同行男性は救助

看護師を殺人未遂容疑で再逮捕=京大病院インスリン投与-府警(時事通信)
元秘書判決確定後の資料公開を首相に要求へ 自民・川崎氏(産経新聞)
女児にわいせつ行為、米国人の69歳男起訴(読売新聞)
電波望遠鏡ALMA 日本のアンテナの愛称「いざよい」に(毎日新聞)
橋下知事が再び応酬「兵庫県議会、小中学生なみ決議」(産経新聞)
コンテントヘッダー

遺体取り違え解剖、目印を確認せず…都監察医務院(読売新聞)

 東京都監察医務院の監察医が今月7日、解剖が不要と判断された男性(75)の遺体を、誤って行政解剖していたことが22日、わかった。

 警視庁城東署が一緒に安置されていた別の男性(84)の遺体と取り違えて医務院に移送したためで、監察医も解剖対象の遺体に付けられる目印を確認しないまま解剖した。医務院は解剖後、都に提出する報告書を「解剖が必要」とする内容に書き換え、事実を公表していなかった。

 都は「誤って解剖したのは事実だが、プライバシー上の理由などから公表しなかった。隠蔽(いんぺい)しようとしたわけではない」としている。

 同署幹部などによると、間違って解剖されたのは、東京都江東区の自宅で今月7日、遺体で発見された一人暮らしの男性。検視段階で病死と判明したため、「解剖は不要」として同署の霊安室に安置された。その際、同室には、死因不明で行政解剖が必要とされた同区の84歳の男性も安置されており、この男性には、解剖対象の遺体につけるリストバンドが巻かれていた。

 しかし、同日午後、同署員がバンドの有無を確認しないまま、84歳の男性と間違えて、75歳の男性の遺体を医務院に移送。医務院でも、監察医がバンドの確認を怠ったまま解剖を実施した。終了後に職員が間違いに気付いて同署に連絡し、改めて84歳の男性を解剖した。医務院は、84歳の男性の遺族には「遺体の取り違えで遅くなった」と謝罪したが、75歳の男性の遺族については、死亡の経緯説明を受けることなどを拒否しているとして、解剖の事実は伝えていないという。

 都の規定では、行政解剖の結果に関する報告書を都に提出するよう定めている。医務院では、75歳の男性についての報告書で、解剖の必要性を記入する欄に、当初、不要の意味で「否」と記していたが、解剖後、「要」に書き換えた上、解剖をした理由については「手違いもあり、さらなる確認が必要だった」と記入をしていた。

 福永龍繁医務院長は「間違って解剖したのは事実」としながらも、「正確な死因特定のために解剖すること自体は違法ではない」としている。書類書き換えについて医務院は「解剖してしまったので、書類を整えるために書き直した」としている。警視庁は今後、遺体を包む袋にも氏名などを書いたシールを張り、確認を徹底するよう指示した。

<長島圭一郎選手>故郷で五輪「銀」パレード 3千人が祝福(毎日新聞)
「LEGEND of CHUSEN 2 -新世界-」本日待望のサービス開始!
開星高教師、センバツ敗退の日に逮捕…女子トイレに侵入(スポーツ報知)
野焼きの男性3人死亡=強風下作業、炎に巻かれる-陸自東富士演習場・静岡(時事通信)
洗練された大人のスイーツ頂点は? 一流パティシエが競う(産経新聞)
プロフィール

Author:うらたただひろさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。